Newsお知らせ

ニュース

アオイゼミ、東京大学名誉教授早野氏と共同で 「放射線教育」特別授業を中高生向けにライブ配信


%e3%80%90%e6%94%be%e5%b0%84%e7%b7%9a%e6%95%99%e8%82%b2%e7%89%b9%e5%88%a5%e6%8e%88%e6%a5%ad%e3%80%91%e5%91%8a%e7%9f%a5%e3%83%8f%e3%82%99%e3%83%8a%e3%83%bc30万人の中学生・高校生が利用するスマホ学習塾「アオイゼミ」は、東京大学名誉教授早野龍五氏と共同で、2017年9月23日(土)18:00~19:00に、「放射線教育」特別授業『えっ、きみたち福島に住んでいるの? 高校生と語る大地震からの6年、そして未来』を中学生および高校生向けに無料ライブ配信いたします。

 

■ 実施背景と想い

アオイゼミは中高生向けのオンライン学習塾ではありますが、英数国などの学習指導以外に、進路や将来のための「キャリア教育授業」や、社会に出るとぶつかる正解のない問題を解決する力を養うための「アクティブラーニング授業」、またスマートフォンやインターネットに関する「情報リテラシー授業」など総合教育にも力を入れております。このような教科書には載っていない授業をとおして生徒が視野を広げ、物事を多角的に捉え、主体的に行動できる大人に成長してほしい。そのような想いが込められています。

そこで今回、東京大学名誉教授早野龍五氏と共同で「放射線教育」特別授業が実現いたしました。特別講師として、早野龍五氏に加え、福島高校、ふたば未来学園高校から計3名の生徒をお招きし、福島第一原子力発電所の事故によって放出された放射性物質による健康影響や福島での生活などについて、調査データや現地での実体験を踏まえながら福島のリアルを語っていただきます。全国の中高生やその保護者に向けて、事故による健康影響は多くの方が思っているよりもはるかに少ないことなどを伝え、誤解に基づく偏見や差別を払拭すべく、科学的な理解を育む授業を行います。

インターネットを活用したアオイゼミの生放送だからできる双方向コミュニケーション型授業をとおして、次世代を担う全国の中高生が放射線について一緒に考え、意見を交換することで自分ごと化され、家族や友人へと放射線リテラシーの輪が広がっていくことを期待しています。

 

■ 実施概要

日時  :2017年9月23日(土)18:00〜19:00

タイトル:えっ、きみたち福島に住んでいるの? 高校生と語る大地震からの6年、そして未来

内容  :福島第一原子力発電所の事故によって放出された放射性物質による健康影響や福島での生活などについて、誤解に基づく偏見や差別の長期化が懸念される中、調査データや現地での実体験を踏まえた科学的な理解を育む授業を行います。

講師  :東京大学名誉教授 早野龍五、福島高校生徒 荒帆乃夏・沖野峻也、ふたば未来学園高校生徒 遠藤瞭

司会  :株式会社 葵 中塚祐太郎

視聴方法:アオイゼミ公式サイト、アオイゼミ公式アプリ(https://www.aoi-zemi.com/)、FRESH!(https://freshlive.tv/aoi-zemi/153780)、ニコニコ生放送から無料でご視聴いただけます。

※アオイゼミ公式サイト、アオイゼミ公式アプリの場合、ライブ授業のご視聴にあたって、アオイゼミへの会員登録(無料)が必要となります。

 

 

 

■ 講師紹介

%e6%97%a9%e9%87%8e%e9%be%8d%e4%ba%94%e6%b0%8f%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%ad%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%83%ab%e7%94%bb%e5%83%8f

東京大学名誉教授 早野龍五

1952年岐阜県生れ。物理学者。東京大学名誉教授。長年、世界最大の加速器を擁するスイスのCERN(欧州合同原子核研究機関)を拠点に「反物質」の研究を行う一方、2011年3月以来、福島第一原子力発電所事故に関して、自身のTwitterから現状分析と情報発信をおこなう。著書として糸井重里氏との共著「知ろうとすること。」(新潮文庫)など。

 

 

 

■ リリースに関するお問い合わせ

株式会社葵 広報担当:荻野(おぎの)

TEL:03-6380-0293

FAX:03-6380-4662

メールアドレス:shun-ogino@aoi-zemi.com

© 2012-2016 Aoi.co