Newsお知らせ

ニュース

アオイゼミ、学習塾として日本初の 「Chromecast」対応アプリを配信開始


170927%e3%80%90chromecast%e5%af%be%e5%bf%9c%e3%80%91%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%ac%e3%82%b9%e3%83%aa%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%82%b9%e7%94%a8%e7%94%bb%e5%83%8f

30万人の中学生・高校生が利用するスマホ学習塾「アオイゼミ」は、サービスの利用デバイスを拡大し、2017年9月26日より学習塾として日本初(※1)の「Chromecast」対応アプリ(※2)を配信したことをお知らせいたします。

 

■ 開発背景と想い

昨今、小中学生を中心に、自宅のリビングルームで学習をする子どもが増えており(※3)家庭内における学習環境の変化が顕著です。こうした社会環境の変化を踏まえ、家庭内で最大サイズのスクリーンをもつ「テレビ」は学習用途としても活用の可能性が期待されています。

そこで弊社では、今年3月21日に学習塾としては初めて「Apple TV」対応アプリの提供を開始いたしました。今回はその第二弾として、弊社サービスにおいて、近ごろ急増しているAndroid端末利用者へのサポートを強化すべく、「Chromecast」対応アプリの配信を開始いたしました。(※4)こちらも学習塾としては初めての試みとなります。本アプリでは、生放送のライブ授業に加え、4,000本以上の授業動画の視聴も可能になります。

リビング学習が増えることで、勉強に励む子どもと家族のコミュニケーションがもっともっと活発になる。そんな明るい未来に少しでも役立てるように、そして、経済的な格差や地域間格差による教育の不平等を解消するために、今後も「アオイゼミ」はコンテンツ拡充や機能開発などを通して新しい学習体験を提供してまいります。

 

※1 当社調べ。2017年9月27日時点で全国の学習塾において、Chromecast対応のアプリは存在しないことを確認しております。

※2 Chromecastは、Google Inc.の商標または登録商標です。

※3 ベネッセ教育研究所『小中学生の学びに関する実態調査』2014年調査によると、学校の授業 以外でよく勉強する場所として中学生全体の68.7%が「自分の家のリビングルーム(家族で過ごす部屋)」と回答し、「自分の部屋」や「放課後の教室」を抑えて第1位。

※4 「Android」のみの対応となります。「iOS」は今後対応予定になります。

 

■ 利用方法

テレビのHDMI端子にお手持ちのChromecastを接続し、Google Play ストアからアオイゼミアプリをダウンロードすることでご利用いただけます。

 

■ リリースに関するお問い合わせ

株式会社葵 広報担当:荻野(おぎの)

TEL:03-6380-0293

FAX:03-6380-4662

メールアドレス:shun-ogino@aoi-zemi.com

© 2012-2016 Aoi.co